埼玉県内で依頼したいのはこんな葬儀屋!

埼玉県内で葬儀を依頼したいのは、丁寧な対応であるのはもちろん、明確に料金を提示し支払方法にも柔軟性のある葬儀屋です。

葬儀の流れについて疑問を解消しよう!

葬儀会社はどのように決めればよいですか?

複数の葬儀会社に見積もりを出してもらい、その中でプランや料金が気に入ったところに決めると良いでしょう。

世話役はどうやって選べば良いのですか?

世話役は信頼できる人に頼むのが一番なので、普段から親族とかかわりの深い人から選びます。

故人の副葬品には何を入れればよいですか?

故人が生前大切にしていたものなどを入れますが、燃えるものしか入れることはできません。

お布施はどうやって渡せばよいのですか?

葬儀が終わった後、翌日お寺に行って渡したり、お通夜の後にお車代として渡すこともあります。

出棺の際には何をすればよいですか?

祭壇に添えられた花を棺の中に入れ、喪主もしくは親族代表が会葬のお礼を述べるなどの挨拶をします。

会場選びに特徴がある

葬儀会場

埼玉エリアの葬儀では、斎場選びが必要になります。菩提寺が近くにあり、施設が整っているなら斎場として使用しますが、その他ならば、葬儀社と提携している寺院や斎場を紹介してもらうことになります。最近、埼玉エリアで増えているのが、火葬場に併設された斎場です。移動の手間がかからないのが特徴ですし、最近のシンプルな葬儀を執り行えるので、故人の遺志を含めて、大掛かりな葬儀を望んでいない遺族に利用されています。特徴としては、安価な費用で執り行えるという内容ですし、火葬の許可があっても先着順となる予約ですから、火葬までに時間をかけたくない、そうした遺族にも利用されています。その他、割安な料金で行える地域の公民館を利用したり、お葬式という概念でなく、お別れ会であったり、忍ぶ(偲ぶ)会というような自由なスタイルで会場選びをするようです。このお別れ会や忍ぶ会となるなら、その会場はホテルといったパターンもあるようです。

病院経由での業者選び

葬儀

埼玉での葬儀においては、故人の遺志を優先し、信頼できる葬儀社選びが必要になります。葬儀の成否のカギを握るのは、葬儀社選びにかかっているようです。急死ならば時間的余裕がないかもしれませんが、闘病が長かったり、危篤状態が続いている場合には、2社程度の葬儀社に見積もりを依頼し、検討ができるサービスが提案されています。病院指定だから依頼ができ、業者も危篤状態の患者さんがいる話しを病院側から事前に知らされるからこそ、手際よく見積もりを出すことができるようです。病院指定でないにしても、病院近くには必ず業者の看板があり、地域での評判も上々で、口コミは意外に正確だといいますし、打ち合わせに便利になっています。

広告募集中